エッセイ

耿さんの日々

熊野古道

山仲間と熊野古道の中辺路(なかへじ)を歩いた。僅か十三キロ余りだが古道の中では難所であるらしい。昔、
「斧を立てたような」
と高貴な人が表現した急な登りにいきなりぶつかり、息が弾んだ。こんな道を、人を従え牛馬を連れて三十回以上も通い賜うたとはとても信じられない。余程信仰心が篤かったのだろう。その後もいろんな人がここを通って大社に詣で、現在に道が残った。神に対する畏敬の念が凝縮した日本の宝である。世界遺産となってからは以前よりも沢山の人が訪れるようになったが殆どはほんの少しだけ歩いてさっさと車で帰るとのことで、案内をしてくれた人が嬉しそうに、
「これだけの距離を自分の足で歩こうなんて物好きは昨今珍しいですよ」
本当にそうなのだろう。確かに、擦れ違う人は数えるほどしか居ない。
「掛け声をかけながら登りましょう。ここは修験者の通る道でもあります。彼らは、今でもこういう風に声を合わせます」
咳払いをしておもむろに、
「ろーっこーん、しょーじょ」
声を張り上げ、私たちにも一緒に唱えるよう促した。その通りにすると、
「六根とは、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触る、の五感に心を足したものです。清浄とは清らかにしていますか、という問いかけの言葉。皆さんはどうですか」
「いや、とてもとても」  
手を振りながら同行の人が返事すると、
「そんな時は、『さーんぎさんぎ』って返事するんです。さんぎ、『できていません、懺悔します』と言う意味です。ではやってみましょう。ろーっこーん、しょーじょ」
「さーんぎ、さんぎ」

幾度か掛け合いをすると不思議に元気が湧いてくる。何とか尾根を登りきると誰の顔にも汗が噴き出していた。道はなだらかになり、やがて高い木が生い茂る森に繋がり、涼しい風が心地良く汗に濡れた体を包んだ。
「この辺りには、昔棚田がありましてね、人が住んでいたんです。でもお参りする人が減ると生活する人も居なくなり、こんなになってしまいました」
地域の語り部もしているという案内人さんは残念そうに言う。別の所では、
「ここには旅館があったんです。その辺がトイレの後です」
その場にいた女性が慌てて飛び退くと、
いえいえ、もう臭くもなんともないです」  一同を和ませた。道沿いの小さな木を指し、 「これはお茶の木。この辺で自生する筈の無い木が生えているのは昔ここに住んでいた人が植えたからで、人家のあった証拠です」  歴史学者になったかと思うと生物学者に変身し、 「今この森に住んでいるのは虫だけです。これなんかその代表です」  手に持った杖で地面を指した。その方を見ると、なんと五十センチ近いミミズが這っていた。太さは二センチ以上もあるだろうか。 「ミミズが、虫ですか」  訊くと意外そうに、 「人、鳥、獣、魚、貝以外の動物は全部ひっくるめて虫と言うんです」  そうかも知れない。が、どうでも良いことである。ミミズに目をやると、何に反応したのか突然体をくねらせてのたうち、ゆっくり鎌首を持ち上げてそのまま停まった。するとそれが合図かのように木の上の蝉たちが一斉に鳴き出し、微妙なハーモニーを奏でて森の中に厳粛さが漂った。
「この山にはこれ位のミミズはたくさんいます。その他にもたくさんの虫がいます。彼らは全部ネットワークで繋がっているんです。その中心に居るのは神様かもしれません。現代の人間は残念なことにそこからはみ出している、それも自分の意思で。次の時代、神様から選ばれるのは、ひょっとしたら虫かもしれません。皆さん、虫に敬意を表しましょう」  

感慨深げに、恐ろしい、しかし説得力のある示唆をした。ミミズを避け、大回りして通り越した。 見晴らしの良い尾根に出たので遠くの山を眺めていると、またも、
「見た目には緑濃いですが、何年も間伐していないので荒れ始めています。このままの状態でいるとやがて枯れてくるでしょう」
今度は環境学者になって残念そうに呟く。愛着が言葉の端はしから滲み出していた。

いくつかの王子宮を過ぎてようやく目的地に着いた。一同の中には初対面の人も居たのにお互いにすっかり親しくなり、大きな石碑の前で何枚も写真を撮りあいながら、
「これで少しは清められたかしら」  
一人が言うと案内の人は、
「少しは、ですね。でも最低三回は来ないとだめです。昔の人は今の何十倍もの距離を歩いて、しかも毎年毎年来たのですから」
「来たいのは山々だけれど、ちょっとね」
「物見遊山でご利益を得ようなどと考えるのは、虫が良過ぎるかな」

さっきの大ミミズを思い出して皆から笑いが漏れた。
「清められはしなかったとしてもその爽やかさは窺い知ることができましたね」  
確かに、とそれぞれが深く頷いて来た道を振り返った。