ホーム > 地震のときには

地震のときには

震度5以上の地震の場合、ガスを自動的に遮断します

ガスメーターが震度5以上の地震を感知した場合、自動的にガスを遮断します。
あわてずに落ち着いて、まずは身の安全を確保した上で対応してください。

まずは身の安全を確保

テーブルや机の下などに身を隠し、頭部をクッションなどで保護しましょう。

揺れがおさまってからガスを止めましょう

大きい地震の時は、震度5弱以上の揺れを感知するとメーターが自動でガスを遮断します。揺れがおさまってからガスを止めましょう。大きい地震の時は火に近づかないようにしましょう。同時に電気器具のコンセントも抜いておきます。

安全を確認してから、ガスをお使いください

地震がおさまって、ガス臭くなかったら、元栓を開けて使用することができます。
ガスが出ない時は、ガスメーターの点滅を確認し、復帰操作をして下さい。

ガス臭いときには

ガスの臭いがしたら、電気や換気扇のスイッチには触れないでおきましょう。ガス漏れが発生している場合、その火花等で引火する恐れがあります。

  • 窓を開け、充分に換気しましょう(換気扇は使用しない)
  • 電気や換気扇のスイッチには触れない(火花によるガスの引火を防ぐため)
  • 機器類の栓とガス栓を閉めましょう
  • 外にあるメーター栓を閉め、八戸液化ガスまでご連絡ください
お申込み・お問い合せ
八戸液化ガス株式会社 0178-28-2111
受付時間 8:45〜17:00(月〜土曜日)
ページの上部に戻る